すごいぞ、ほぼ日

わたしはプロフィールにも載っけている通り

(株)ほぼ日「生活のたのしみ展」のスタッフをしています。

集合がかかれば馳せ参じ、終われば風のように去るのです。

 

これがですねえ。とーっても大変なんですけれど

めーーーーーーーちゃくちゃ、たのしいのです。

これに参加できるから、独立してよかった!と思うくらい。

 

文化祭(わたしの得意分野)みたい、という人あり

たのしい時間を作って去っていくサーカスみたい、という人もあり

 

ほぼ日の社風の通り、

うぇーい盛り上がるぜぃ!というものではなく(盛り上がっているけど)

お客さまもスタッフも場の空気も

地に足のついた、うれしい、おだやかな、知的な、すてきな

そんな感じのことばが似合うような、イベントです。

(そういえば、野外なのに演奏以外でマイクや拡声器を使っていないのでは)

未体験の方は、ぜひ次の機会にお越しくださいね。

 

で、たのしみ展のふりかえり会が9日にありました。

アルバイトスタッフとして180人くらいいたそうですが

80人?90人?くらいが集まりました。なにこの参加率。

仲良くなった方もたくさんいますし、

だいたいみんな「見たことある」人たちです。

なんとなく、行動パターンが似ていたり(率先して椅子を運びがち、とか)

穏やかなのに、意外と攻めていたり

 

なんとなくこのメンバーで、いっちょ大きいことができそうな気もします。

しっかり稼いで社会貢献色の強いプロジェクトとか、向いてそう。

でも誰がまとめるんだろう。。。

 

ふりかえり会ではいつも、

色々な場所で働いていた仲間の意見を聞きながら

「ああ、この人たちって素晴らしい」と実は感動の嵐なのです。

世の中がみんなこんな人なら、どんなに素晴らしいでしょうか。と思ってしまうくらい。

 

糸井重里さんは(今日いただいたご挨拶でもおっしゃっていましたが)

取材などで、絶対に

わたしたちアルバイトスタッフのこと褒めてくださるんです、

という言葉では表せないくらい、伝えてくださいます。

恥じないように、励まねばといつも思います。

 

これって、実は自然にコーチングの手法を使っているんですよ。

いずれ解説しても面白いかもしれませんね。

コーチングを使えば、

ほぼ日のような素敵な会社に、もっと素敵な会社になることができます。

絶対なれる、とわたしは思っていますし、やりたい!って思っています。

 

生活のたのしみ展に参加して

いいものを、いい感じに伝えたい、とただいま考え中です。

作家さんからのお問い合わせをお待ちしております。

 

と。

生活のたのしみ展は9月に大阪で出張巡回展があります。

2018年9月19日(水)から24日(月)まで梅田の阪急です。

日程は未定ですが、わたしもまた参加しますので

西のほうの方も、ぜひ体験しに来てくださいね。

 


今日の写真

ほぼ日, 生活のたのしみ展

ほぼ日のみなさん(シェフはりかさん:最終日は一緒に梱包した)心づくしのお料理。おいしかったー!ごちそうさまでした。ありがとうございました。

糸井さんが、たのしみ展の時より、はつらつとされていて安心しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA