旅で思うことなど

1週間ほどポーランドへ行き

帰ってから風邪をひいて、すっきりと治るまで1週間。

これで半月たったのか! と驚いています。健康第一。

(以前、糸井重里さんが「続いた習慣が途切れる一番の原因は風邪」とおっしゃっていました。その通りだ)

 

今回はホテルでの滞在でしたが、

単なる骨休め旅行の時はAirbnb(エアビー)で部屋を借りることが多いです。

行く場所はヨーロッパが多く、だいたい家族の者と一緒に過ごします。

 

こんな旅だからかもしれませんが

基本的に、訪れた国すべてが好きです。もう1回行きたいなあ、と思う場所ばかり。

いじわるされた、とか、けしからん!と思ったということは、ないです。

 

たしかに、日本のそれと比べると、

遅かったり(レジとかね)、きっぱりと主張されたり(あと10分で店を閉めるからすぐに出てくれ、とか)、やかましかったり(みんな声大きいよね)、厳しく指摘されたり(マダムそこに並ぶな、とか)、ちょっと不潔(結構ハエがいますよね)だったり、明らかにスリらしき人がいたり(分かりますよね)、

いらっとしたり、しゅんとしたりするシチュエーションは揃っていますけれど

そんなもんだよなあ、と、それすら心地よいのです。

アジア人への差別意識とかも、感じたことないです(気づいていないだけでしょうが)。

 

まあ、おめでたい人ですね。と思われるかもしれません。

でもそれ、悪いことではないですよね。

違う立場で訪れると、違う感じ方をするでしょう。

住むことになったりしたら、またきっと話は別で。

でもそのことを今考えても意味ないですね。

今のような旅行者の立場では、その街のいいところを見たい。

そういう旅が、今のわたしには合っています。

 

いいところを見る

旅行に限らず、普段の生活から心がけておられますか?

わたしのコーチングでは、まずはじめに

ご自身の「いいところ、できたこと」を見てくださるようお願いします。

それによって、人生が変わりますよ。

 

コーチングのお試し受付を再開しています。

ご興味をお持ちくださった方は、どうぞお問い合わせください。

 

 


今日の写真

コーチ, コーチング, 三木未希

ポーランドのジェシェフという街で泊まったホテルの部屋番号です。

いちいち可愛らしかった。。。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA