元 良品計画の松井さん

元 良品計画の松井さんからお聞きしたこと その1 です。

今日はイントロダクション的に。

 

11月22日の夜、イルミネーションにはまだ早い銀座を通って

京橋にある同志社大学東京オフィスで、(株)良品計画の元会長である

松井忠三さんの講演を聞く機会がありました。

同志社大学の卒業生組織の同志社ファッション倶楽部の主催です。

 

松井さんは上記リンクを見てもらえば分かる通り

1991年から2015年まで無印良品の(株)良品計画の舵取りをなさっていました。

これはわたしが中学に入学した時から、ついこの前まで。

思い返すと、学生時代からMUJIとともにあり

だいたいみんなの机の上には「メモパッド」が(手紙を回す用)
MUJIのおやつは、シンプルでちょっとおしゃれでおいしくて
「チョコがけいちご」は、ご褒美おやつ
クリスマスのショッパーはうれしくて、かわいくて
プロバイダ契約のために初めてつくったクレジットカードはMUJI Card
最初に持ったメールアドレスは@muji.netだったっけ(もうなくなったプロバイダ)
一人暮らしを始めた時は「脚付マットレス」を買ったし
シーツもベッドカバーも、合わせてMUJI
背板のない「スタッキングシェルフ」は、我が家の大事な家具です
どーしてもごはんを作る気にならない時は、種類がたくさんのカレーですよ
家族の者は、春夏秋はMUJIの麻のシャツ、冬はタートルネックを毎日着ています

この間、松井さんが先頭に立っておられたのです。

すごいよね。

 

そんな松井さんは、「自分の経験を話します」とおっしゃり

確かにご自身の経験をお話になったんですけれど

「あの時わしはこうした」だけの「思い出話」ではなく

生々しくて、自分に置き換えて考えることができるお話しで。

今を生きる現役感、と言うのでしょうか。

そういうものに溢れたお話しでした。

 

懇親会でご挨拶させていただいた時も、のちにメールを差しあげた時も

わたしの仕事に対して、お褒めくださり励ましてくださいました。

とても有り難く感じています。勇気が出ました。

 

明日から、わたしの心に残った、勇気をもらったお話を書いてみます。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

この講演会の日の写真です。

これ、どーこだ?

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA