自分の中の自分が織にあらわれる

アトリエシムラの「しむらのはなれ」2周年パーティで

織友(おりとも)さんたちが、口々にこうおっしゃっていました。

 

織っていたら、自分と機が一体になった感じがする

とっても気持ちがいい

ああしようこうしよう、と考えてきたけれど、思いつくままに織る方がいいものができる

織ったものには、それぞれのお人柄が出ますね

無心で織る子供の方がいいものを作る

などなど

 

これ、いわゆるゾーンに入っている状態、と言えると思います。

瞑想とか、マインドフルネスでやるやつです。

「自分の中の自分」が、いわゆる無意識(潜在意識)であるならば

この状態は、無意識と意識がアクセスしやすい状態になっていると言えます。

 

これはいわゆるアート分野だけの効果でなく

ビジネス分野でも評価されているのは、最近よく聞く話ですね。

 

 

染は、植物の力をどう引き出すかという自然な行為、

織は、糸を布という形にするということ。もしかしたら不自然なことかもしれません。

だからこそ、表層ではなく深層から出てくる自分を表さないと

意味がない、のかもしれません。

 

染の、ふわっと色が変わる瞬間、におい、水の中を糸が踊る時間、日にかざしてきらきらした様子

織の、一定のリズムに乗せて、自分と側に向き合う時間、織り上がりに自分が現れること

とにもかくにも、染織はおもしろく

人の生きている意味そのものに通じるのかもしれませんね。

 

というようなことを、シムラのみなさまと深めていくことができればいいな。

 

コーチングでは、こういうお話もいたします。

マインドフルネスも、やってますよ。

お試しコーチングはホリデイキャンペーン!ぜひどうぞ。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

初めての織!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA