どっちかの夜は昼間

ここから何かひねったことを書くのではありません。

ただただ、このフレーズは最高だなあと思ったので

そのことを書いておくのです。いまさらかよ? うん、いまさら。

 

この、実はなんの意味も表していない(厳密に考えると意味は通っていない)フレーズ

なのに、耳に残り、なにを言っているのかすぐわかり、

違和感なく、でも引っかかるこのフレーズ

で、まあ歌詞なので、どっちかが昼間だったら、片っぽは夜だよ、以外に

楽ありゃ苦あり、とか、明けない夜はないさ、とか

なんかそんな意味もあるんでしょうが、まあそれはいい。

それをDA PUMPが歌っている、というのも、まあどっちでもいい。

狙えるものではないでしょう、きっと。

 

なんにせよ、この「どっちかの夜は昼間」という歌詞をあてた方と

歌いあげる軽さ。

ああそうか。フレーズのテキトーさと、ISSAさんが醸し出す軽さが絶妙に合ってるのか。

(ISSAさんが軽い、と言っているのではありません。醸し出す軽さ、に感心しているのです)

こんな曲にめぐり合うのって、奇跡じゃないかね。

 

わたしは、たまたま「どっちかの夜は昼間」が耳から入ってきた時のことを

忘れずに生きていこう。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, ワークショップ

サムズアップの振り付けは、

手を肩の方に上げる、のではなくて、膝に下ろす、のだそうです。

ぜひ役立ててください。

この写真はユーラシア大陸のはしっこ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA