これでよかったのかな?(白杖をお使いの方と)

本日夕方、駅を歩いておりますと

白杖をお使いの方に声をかけられました。

改札へ行きたいが方向は合っているか?ということでしたが

全く逆でしたので、「ご一緒しましょうか」と。

初めてのことでしたので、どうすればいいかお聞きし

ひじを持たせてください、とのことでしたので

わたしのひじに手を添えていただいて

念のため、点字ブロックの上を歩いていただきながら

改札までご一緒しました。

 

道中、「そのまままっすぐです」とお知らせしたり

向こうからブロック上を歩いてこられる方に「譲ってください」とお声かけしたり

「もうすぐ左に曲がります」と言ったりして、改札の前に着きました。

 

「改札内は駅員さんに誘導してもらいますか?」とお聞きしたら、そうしてもらいたいとのことでしたので

わたしが声をかけてくることをお伝えし、その場で少しお待ちいただきました。

そのときに、他のお客さんとの距離が近すぎたなー、と反省。

案内所にいた駅員さんにお願いし、バトンタッチしました。

 

これでよかったのかなー。

「もっとこうしたほうがいいよ」ということがあれば

ぜひ教えてほしいです。

 

たとえとして適切かどうかわかりませんが

年始に泊まっていたところで、火災報知器が鳴ったんですね(結局は誤報)。

わたしは10年くらい、主催する側で避難訓練に参加していましたので

手順もわかっているし、「このアナウンスの時はこういう状態」ということもわかっているし、もしドアの前が燃えていたとしたらこんな状況のはずだから、こうしよう、とか想像できたのですけれど

もし、初体験のことだったとしたら、さぞかしびっくりしただろうなあと思うのです。

 

白杖を使っておられる方のこと、身近に接することがなくても

最近はインターネットでいろいろな声を知ることができます。

また、わたしの最寄駅は盲学校の最寄駅なので、

たまーに、白杖を使っておられる方にお目にかかっています。

そういうちょっとしたことがあったから、あわあわせずに済んだのかなと思ったりもしました。

 

もっといろんなことに目を向けていこうと思います。

困っている方がおられるとしたら、素人ながらでも、少しお役に立てたらいいな。

 

そして、ひとつ気づいたこと。

あえて点字ブロックの上を歩くのは、やめよう。

立ち止まるのは、ほんとにやめよう。

約束です!

 


ふたたび手ぶくろの写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

お好み焼き屋さんにつけていったら、香りを全部吸収したみたいで

洗ってみたら、いい形になった!

手首のリブがきゅっとしているのが、好みです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA