適材適所?適所適材?

大臣がお辞めになったというニュースが盛り上がっていますね。

テレビやネットのニュースを見ていて、

組閣の時に、コーチがいればなあ、とか

総理大臣がこの理論をご存知だったらなあ、とか思ったりしています。

トランプ政権はなさそうですが、他のアメリカ大統領はコーチをつけておられますね。

きっと人事にも活用されているのでしょう。

 

人間を分類する、ということではなくて

また、もちろん、画一的にするということでは全くなく、

表に出てくる特色を知る、ということは、特に企業でのコーチングで活用します。

 

例えば、いま話題の辞められた大臣で考えると

・修正するのに時間がかかる(短期間に何度も修正されても読み間違いを直せない)

・全体よりも身近なことを重視する(身内にウケる内容で失言)

・内容よりも位に魅力を感じる(上のランクに進みたい、のようなHPの記載)

・事前準備をせずに臨める、能動型(原稿の下読みをしていない)

・もしかしたら、意見を聞きたくない?頼れない?

といったところが見て取れます。

これは悪いことではなく、単なる特徴です。

ただ、これらの特徴が、大臣に適しているか、また、それをサポートする体制を作ることができるか

そのあたりを、考えて組閣しないといけませんね。

さらに、ご本人に自分の特色を知ってもらうことによって、ある程度の予防線を張ることも可能です。

 

国会議員ともなると、そりゃあいろんな人がおられるのでしょう。

その中から、20人くらいですか?大臣として選ぶのは、大変でしょうね。

そして、政治の場合は、もしかしたら適正よりも様々なバランスの方が大切で、そんなこと言っていられないのかもしれませんね。(適材適所、ですね)

逆にいうと、あなたの会社の人事、特に小規模な企業であれば採用時点で

望む人材を見つけることが可能です。(適所適材、です)

なんなら、そういう人材を集めるための募集方法についても、お話しできます。

じっくりと、そういうお話しもいたしましょう。

 


写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

あんまり関係がないような写真

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA