それがうれしいか

「白い巨塔」のドラマがはじまりましたね。

今までちゃんとみたことがなかった(なのでストーリーは知りません)のですが、

なんとなく

財前さんは「こってりした男前のおじさん(唐沢寿明さんのイメージが強いです)」の

俳優さんがなさる感じがしているのですが

今回は、岡田准一さんですか! 年下じゃないですか!

‥‥って、充分な年齢ですよね。わたしたち。

 

さて。

出だしに浪速大学(って何回聞いてもすごい名前)滝村名誉教授(小林稔侍さん)が

ご自身のパーティのスピーチで

今の仕事はAIに取って代わられるけれど、
人間を治すのは、人間を救うのは人間である・・・というお話をされました。

滝村名誉教授は外科医なので、

確かに、手術のプランニングはAIが担う日も近いのかもしれませんが
執刀を自動化するのは、画像診断よりも難しいかもしれません(精度はもちろん、価格も)。

 

わたしは、この「AI取って代わり説」を耳にするたびに思うことがあります。

「それがうれしいか」

これからの仕事は、これを軸に整理されていくのではないか、と。

 

人間がやってうれしい仕事
人間にやってもらってうれしい仕事

 

自分が生きているうちに自分の仕事がどうなるか、という心配はありますが

大きい目でみて、よき方に進むんだなあと思ったりしています。

 

コーチングは、「それがうれしいか」に叶っている、と思っていますよ。もちろん。

 

前にこんな記事を書きましたね。

それが、うれしいか

 


コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

育てたばらが咲くのはうれしいです

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA