パーティに着ていくお洋服がないの

なに言ってんだコイツ、と呆れられている姿が目に浮かびますが

たまにある、いわゆる「ちょっとしたパーティ」には

国内外問わず、基本的に和装で出かけていきます。だって楽なんですもの。

でも来週のちょっとしたパーティ、朝に予定があるので

和装はなあ。ちょっと現実的じゃないなあ。と思いました。

 

お仕事なら、なんだかそれなりにジャケットなどを着ればいいのですが

ちょっと違うんだなあ。

というわけで「パーティに着ていくお洋服がないの」状態なのです。

 

そんな中、想像力を働かせまして

手持ちの鮮やかなストライプのドレスにたぶん合うだろう、と思われる

ふわふわした上着をメルカリで購入(2,800円なり)。

色がどんぴしゃりだったので、これでいくことに。

 

どんぴしゃすぎて、なんとなくシルク・ドゥ・ソレイユの衣装みたいですので

一応、隣に並ぶ家の者の意見を聞きます。

わたしは自分が着ているだけなのでいいんですけど

シルク・ドゥ・ソレイユを連れて回るのは、家の者ですから。

 

そうしますと「きれいな色ですねえ」と。

そうだ、家の者の色の好みは、わたしよりも自由人なんだった。

そして

「堂々と着るのなら、ええんとちゃう?」と言いました。

 

そういえば家の者、「堂々とするのなら」とよく言います。

なるほどな。

自分が楽しむためにも、周りに楽しんでもらうためにも

「堂々とする」は必要だ。

 

コーチングでも、「堂々と振る舞う」は

なりたい自分になるためのコツですよ、と伝えています。

 

なお、「堂々とする」はわたしの得意科目ですので

パーティを楽しみに、準備をしようと思います。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA