長(おさ)の役目

ばればれです。「風雲児たち」を引き続き読んでおります。

歌舞伎にもなった大黒屋光太夫のエピソードを読んでおりましたら

これまた、いいセリフが。

 

光太夫たちが流れついたアムチトカ(アリューシャン列島の島)には

現地の住民と、アザラシなどの毛皮を採りに来たロシア商人がいました。

ロシア商人は数年間、毛皮を狩りに狩り、

倉庫がいっぱいになるころにカムチャツカから迎えの船が来ます。

迎えの船が見えたところで、嵐が来て、乗組員は船を捨てて小舟で島に上陸しました。

次の船は、数年後に「あいつらが帰らない」と気づいて差し向けてもらえたら上等、

そのまま見捨てられる可能性も大です。

さて、目の前で船が壊れて、帰ることができなくなったロシア商人はどうなるか。

 

はい、荒れに荒れます。

 

そこで、ロシア商人のリーダー ニビジ(ニビジモフ)が

漂流の先輩であるコーダユ(大黒屋光太夫)に聞きました。

 

ニビジ「コーダユは4年近くもよく仲間をまとめて来たなあ。教えてくれ、秘訣はなんだっ」

コーダユ「人徳じゃ」(笑うところです)

コーダユ「みんながヤケになりかけていたのは船が流されとった頃だ」

ニビジ「それをどうやって防いだ」

 

さあ、どうやって防いだと思いますか?

 

 

コーダユ「目標をはっきりさせた。長の役目はそれしかないんじゃ」

 

(ワイド版「風雲児たち」9巻 p88-89, リイド社)

 

いかがですか?想像通り?違いましたか?

この後、みんなで力と知恵を合わせて船を作ります。さあ、脱出できるのか?!

 

 

同じようなこと、ほぼ日の塾の課題でも書きました。

機会があれば読んでみてくださいね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA