あついと脳がつかれる

ニュースから聞こえてきた言葉です。

ヒトの機能は基本的に「保つ」ように働きますから

周りの温度が上がって、身体が熱くなると下げようとしますし

熱い場所と寒い場所を行ったり来たりしていると

一定に保とうという機能がフル稼働するのがわかりますよね。

 

これを司っているのが「無意識」です。

(体温さげろー!と思っても(これは意識)下がらないでしょ?)

適温だと使わない無意識も、熱いと大忙しです。だからつかれるのね。

 

以前書いた「手のひらを冷やす」という記事で

テソーミ(手相観)では脳は手をあらわしていると考えるから

手のひらを冷やすと、脳が冷えるのかねえ、ということを書きましたが

今日、

手のひら冷やすペットボトル 甲子園で熱中症対策(日刊スポーツ)

という記事を見ました。

 

他にも、脳を冷やすために

「息を鼻から吸って、口からはく」というのがいいんですって。

これって、マインドフルネスや瞑想の呼吸法と同じです。

これらは、脳のリラックスを目的としているので

なんだか、色々納得いくよなあ、と思いながら

涼しい部屋におります。

 

みなさま決して無理なさらず、ご自愛ください。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

常温以下、少し氷入り、くらいの飲み物を少しずつ飲むのもいいんですって。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA