感情は整理されている

漢字の書き取り練習などで、同じ字をたくさん書いていると

なにを書いているんだかわからなくなること、ありませんでしたか?

これ、SNSなんかでもたまに出てきますが「ゲシュタルトの崩壊」という現象です。

日本心理学会のページはこちら

 

根本はこれと同じなのですが

わたしたちの脳は、同じ感情ごとに整った形で整理されている、といいます。

たとえば、好きな人が去っていった、という経験をしたとき

「悲しい」「喪失感」「愛」「執着」「不安」といった感情が出てきたとして

これらは全て、別々のケースに整理されて脳の中に保存される、というものです。

次に、好きな人からやさしくされた、という経験をして

「うれしい」「自身」「愛」の感情が出てきたら

この「愛」が、去っていった時と同じ「愛」であれば

同じケースの中に保存されます。

 

「愛」のケースがいっぱいになっても問題はないと思われますが

たとえば、「不安」とか「怒り」とかのケースが

どんどん大きいものになって、満杯になっていったら‥…

想像できますよね?

 

 

わたしのコーチングでは、この原理を上手く使って

「進みたいのに、ある感情が邪魔して進めない」という場合に

その感情からくる「悪い感じ(落ち込む、とか、怒り、とか)」を薄められるように

(ご自身の納得のうえで)チューニングしていきます。

 

わたしは自分では、「いらっ」とした時に

その場でチューニングしてしまいます。それくらい、手軽にできるんですよ。

 

お試しコーチングで、ご希望でしたらやってみることも可能です。

ぜひお声かけくださいね。

 

 

夏のおもひで

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

水のスポーツのスタートって、かっこいいですよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA