白鵬関が強いことをコーチ的に考えた

昨日、教えてください!っておっしゃるおじさまの話を書いていて思い出したのですが

横綱の白鵬関も、そうなんだそうですね。

日本語でわからないことばなども、

さらりと「これどういう意味?」なんて周りに尋ねられる、と聞いたことがあります。

これって学びがたくさんあること。

だから、彼は変化し続けているんですね。

 

ちょっとコーチっぽく、といいますか、心理学っぽく白鵬関を見ていると、

「負けない横綱」でいるための行動が

ものすごく心理学に適っているように思います。

これはおそらく、コーチをつけておられるのではなく(たぶん)

自然な振る舞いだと思います。だから余計に強いんです。

 

ひとつ例をあげると

「白鵬には勝てない」「白鵬は別格」とみんなに思わせていること。

わたしが見聞できる中ではありますが

全ての行動(取り口とか所作、言動も含めて)が、ここに向かっているように思えます。

 

最近は、若い人が勝つことも増えてきましたけれど

でもまだ、

みんなの無意識に「白鵬には勝てない」があるように見受けられるんですよね。

 

もちろん相撲界の前提に「横綱は神」のような幻想がある、というところに寄るものも大きいですが

他の横綱とは違うところが、白鵬の心理学的なテクニックだなあ、と思うのです。

 

また、モンゴルの人の気質というのもあると思います。

いちどウランバートル市の職員の方に創業支援に関するレクチャーをしたことがありますが

「お上は絶対」「力のあるものが強い」が揺るぎない信念としてあるように感じましたし

通訳の方も、同じようなことを言っておられました。

 

これはなかなか、現代の日本人は、自然には持ちづらい「思い込み」です。

モンゴル出身の力士が強い、というのは

ハングリー精神などだけではなく、ここにあるのではないかなあと思うのです。

逆にいうと

日本人力士が、こういう「思い込み」を持ったとしたら・・・?

また、無意識から

「周りの影響(白鵬つよい)は関係なく、自分はどうするか」という思考で

組み立てることができたら・・・?

ご興味をお持ちの力士の方からの、ご連絡をお待ちしております。(力士割引いたします 笑)

 

前回のラグビーW杯の日本チームには

わたしのやり方とは少し違うコーチがついていたのではないかと思いますが

おそらくこの「外部の影響は関係ない、自分をどうするか、という思考」を

徹底的にコーチングしていたのではないかなーと、推察します。(ドキュメンタリーを見ると)

 

いずれにしても、「この人には勝てない」と思い込んでいる限り、勝てません。

逆に、無意識から「この人に勝てる」と思えたら

行動も変わってきますよね。こういうの、わたしのコーチングは得意です。

 

 

じゃあ、同じモンゴル出身の横綱である鶴竜関はどうなのか。

おそらく彼は、心の部分で「鶴竜にはかなわない」って思われていると思いますよ。

その上で強いんですから、尊敬しちゃいますよね。

 

 

というわけで、もうすぐお相撲がはじまりますねー。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

これは台湾のチームからいただいたカード。

活版印刷のイベントで、さらりと「必勝」を配るって

日本の会社では、なかなかできないのではないかしら。

勢いって、こういうところからかもしれませんね。

 

9月10月のテソーミ予約受付ちゅう!

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, 予約

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA