できること、できたこと

よくこのブログでも書きますし

昨日も書きましたけれど

「できなかったことに注目するのではなくて

できること、できたことに焦点を当てましょう」というのは

コーチングの基本です。

これはコーチのトレーニングでも毎回確認することです。

 

スポーツ祭り中のわたくし

先日、短い時間でしたけれど、

元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんと真壁伸弥さんのトークショウを聞いてきたんです。

その時にあったお話。

 

前回ラグビーワールドカップの南アフリカ戦の前日ミーティングで

リーチキャプテン(リーチ マイケル選手)とトモさん(トンプソン ルーク選手)を中心に

自分たちができるようになったこと、その結果どうなったか、を

(速いパスを出せるようになった → 得点が増えた、みたいに)

ホワイトボードにどんどん書いていったんですって。

それでチームがリラックスして、試合当日をいい雰囲気で迎えることができた、と

そう言っておられました。

 

うーん、ここでも「できること、できたこと」が大活躍ですね。

 

ラグビー日本代表は、とってもコーチングっぽい言動をされるなあと思っています。

映画「The Brighton Miracle」を見た限りでは

どうも前HCのエディ ジョーンズさんの影響ではないかなあ、と思えました。

エディさん、気になっています。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA