ひびく言葉

コーチあるあるかもしれないのですが

CMなどで使われている言葉から、対象にしているお客様像を想像する、ということを

なんとなくしています。

よく考えられているものもあれば、あれ?いかがなものかしら、と思うものもあり。

最近すごいなーと思ったのは、某生命保険会社。

同時期に何パターンものCMを打っておられて、それぞれに使う言葉を変えて

響く対象を変えることに成功していると思います。

 

だいたいの商品において、買っていただきやすい人とは

・これが欲しい!と望んだら手に入れたい人

・すぐ行動する人

・変化したい人

かなあ、と思います。

これって、コーチングの効果が出やすい人=なりたい自分になりやすい人 と

ほぼ同じなんですよね。

そして、比較的、日本人の中では多数派ではないと思います。

 

これの反対の人はというと

・無駄にしたくない、損はしたくない

・じっくり考える

・同じであることが心地よい、安定したい

 

なので、比較的、日本のCMで使われる言葉は

後者に響くものが多いように思います。

でも、ぱっと買うのは前者ですよね。

おもしろいところですね。

外資系やベンチャー系、若者対象のものは前者の言葉が多いかもしれません。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

これなんでしょう?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA