なにをしてくださるの?

わたしコーチです、と申しますと

「あら、なにをしてくださるの?」と聞かれることもあります。

まあその時は、

本当になりたい自分に気づいて、そこに向かって進めるように

よりパワフルに、楽に、すっきりと進めるように調整するのがコーチですよ

みたいな話を、その方に合わせていたします。

 

でもだいたい、? というお顔をされます。

そういう方はたぶん

この人(わたし=コーチ)は、なんらかの方法を提案するはずだ、とか

執事のように、あれこれ世話をしてくれるんだ、とか

そういう風に考えておられるから

?になるのではないかなと思います。

 

世の中、いろんな方法を教えてくれるビジネス(サービス)はたくさんありますね。

今年オシャレに見せたいなら、これを着たらいい、とか

この機械を使えば、手をかけずに美味しい料理が、とか

英単語の暗記なら、このメソッドで、とか

失敗しない起業の方法、とか(あるのか?そんなん)

 

また、

あ、足元に気をつけてくださいね、信号は赤ですよ。

次はデパートに行きましょうか。

あなたが気にいる赤いコート、たぶんあると思うんですよ。

みたいな。

 

残念ながらコーチングは、万人に向けて「こうしたらいいよ」と言えることは

本当にぽっちりしかないかもしれません。

(このブログに書いていることは、こんなんですけど、比較的そうかも)

また、執事でもありません。

 

まずは、自分がどうなりたいか、それを気分よく見つけること。

どうなりたいかを探すのは、つらいことでも苦しいことでもありません。

涙を流さなきゃわからないものではないし

苦労したから見つかるものでもありません。

(J-POPに真っ向から反しているのかもしれませんね 笑)

コーチングは比較的、それを見つけるために効果的な手法をたくさん持っているから

活用するのもひとつの手なのです。

 

どうなりたいか、が見つかったら、どうやれば(方法)なれるか、という話になります。

これも、自分ごととして、自分がうれしい方法で

楽に、はやくできる方が、よくないですか?

 

たとえば

「きれいになりたい」

どうすれば?

「やせるといいかも」

どうやったらやせる?

「・・・おやつをやめる?」

やめられる?

「無理かも・・・」

どうして?

「だって・・・」

今どれくらい食べてるの?

「・・・毎日」

おやつを食べたらどんな気持ちになる?

「めっちゃ幸せ!」

こういうやり取りから、おやつではない方法を見つけていったりするのはどのコーチでもやっていると思いますが

「おやつをやめるのは無理」という思い込みを外してしまうこともできます。

これは、どのコーチでもやっていることではありませんので

依頼する前に確認された方がいいと思います。

 

えーと最後に。

「なにをしてくださるの?」は他人事です。

あなたがなにをするか、がないと結果に向けたコーチングは始まりません。

もちろん、「なにをするか」を見つけるのは、コーチングの範疇です。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

これ、ローズヒップです。初めて見ました。
花がら摘みをサボっていたからできたんです。
たぶん、栽培のセオリーからは外れているはず。
(まだ花咲かせてるし)

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA