やらされ感

みなさまおつかれさまでございます。

お仕事が遅くまでかかって、お帰りが遅くなった時

どう思いますか?

 

「あー、なんでこんな時間まで働いているんだろう」

「あー、よく働いた。がんばった!」

 

どちらですか?

 

その時々の状況によるかと思いますけれど

「自分ごと」ではないときは、前者になりそうですね。

やらされ感がにじみ出ています。

逆に、お仕事が「自分ごと」になれば、後者でしょうか。

 

コーチングでよくお伝えしていることに

できること、できたことに目を向けましょう

ということがあります。

後者はそうですよね。

 

つまり、「自分ごと」にしないと、できたことに目が向かない。

できたことに目が向かないと、自分をほめることもできない。

最近よく言われる「自己肯定感」にもつながっていきそうです。

 

あー、よくがんばった。でも明日は、早く帰ってゆっくりしたいなあ、と思ったら

自分ごとならば、明日のお仕事の工夫ができそうですね。

やらされ仕事ならば、また今日と同じようになりそうです。

 

個人的には、「自分ごと」にできない仕事を続けるよりも

次のステップに進む方がいいのではないかと思います。

 

自分ごとにするためのお手伝い、次のステップを考えるお手伝い、

やらされ感のない組織作り、

どれもコーチングがお役に立つと思います。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

ごほうびー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA