コーチング的交渉のいろは(い)

職業柄、といいますか、今までの経歴上、

切った張ったに近い交渉をする機会はたくさんありまして

おそらくわたしは、タフネゴシエーターであります。

コーチングのトレーニングを受けて、

自分のやり方に科学的な理由があったんだなあ、とも気づきましたし

違う角度で考えたら面白いな、ということもたくさんあります。

そのさわりをできるだけ具体的に書いてみようと思います。

 

今すぐに知りたいよ!という方がおられるかもしれませんので

すぐにできることから書いていきます。

交渉時の時系列ではありません。むしろ時計の逆まわしと考えてください。

 

今日の(い)は、「さあ!対面交渉だ」編。

コミュニケーションの順番、とでもしましょうか。

 

交渉ごと、おそらく今も対面で、会話で進めていくことが多いと思います。

 

 

まず、どう座りましょうか。

威圧的に話を進めたいのであれば、真向かいで座りましょう。

双方が解決点を見つけていくような「交渉」なら、

机の角を挟んで90度の角度がおすすめです。

真向かいですと、お互いのすべての行動、表情が見られてしまいますので

完璧に作り上げてくださいね。

90度だと死角も生まれます。そういう意味で、気持ちに少しゆとりを持てますよ。

また、このことを知っている場合、相手の観察はあなたのお望み次第。

自分はうまく隠れながら相手の隙を見つけられたりします。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

 

会話の主導権はどちらが握りましょうか。

おすすめは、相手にお話しをさせることです。

あなたは、絶妙な相槌を打ってください。相手の言葉を繰り返してもいいです。

可能であれば、

腕の組み方を真似したり、飲み物を飲むタイミングを合わせたりしてみてください。

相手が気持ちよく喋ってくれたら、あなたの勝ちです。

会話を折ることなく、相手がすべて話し終わるまで待ちましょう。

 

そしておもむろに、自分の要求を話し出すのです。

その時に意識してみていただきたいのは

以前も書きました「5:2:3 の法則」を応用することです。

「2」の部分に、ご自身の要求・先方に折れてほしいこと、その理由をキュッと詰め込みましょう。

 

続き、といいますか、ここに至るまでの準備は(ろ)にて!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA