「自分ごと」として歩き出すための光

先日ミシェル オバマの「マイ・ストーリー」のことを書きましたら

読んでみたい!というコメントをTwitterにいただきまして

ああもう、ぜひぜひどうぞどうぞ、と。

高校生くらいの子が読むといいなあと改めて思ったわけです。

 

親(そう、わたしも高校生の親世代)が勧めるものはともすれば

「ほら、この人もこんなに頑張ったんやから、あんたも頑張りや」光線が出がちです。

そして、自伝ってそういうものかもしれません。「すごいわしのすごいところ」を書いていますからね。

でも、この「マイ・ストーリー」は違う。

「わたし(あなた=読み手)はできるんだ!」光線ががんがんでています。

これは、読んだ人が「自分ごと」として歩き出すための光です。

がんがん浴びるといいと思います。

 

親といえば。

前に、おかんは「アンタそんなんやめとき」と言う、という話を書きましたが

大体において、あなたがやりたいこと・なりたいものに

そのおかんは、やったこと・なったことはないです。

なのに、「できない」「やめとき」という。

 

どうしてですか?なぜ、わたしにできないと言うのですか?と聞くと

たぶんケンカになりますので(これはコーチングの手法だったりします)

ああそうですか、と置いておいて

あなたの気持ちを大切に、進んでいきましょうよ。

 

もちろん、経済的な面などで親の理解が必要な場面もあると思います。

(が、それも思い込みかもしれませんよ?)

さあ、その時は情報収集と交渉です

あなたの人生が、あなたの思うように進むことを祈っています。

思うようになんかならないって?

そう思ってしまう時は、コーチにご一報を。

 

休校で給食がなくなって牛乳が余ったら牛が大変、と聞きましたので
普段は買わない牛乳と、ちょっと贅沢な飲むヨーグルトを買っています。
今日は、おおっと思うくらい上等な飲むヨーグルトが
なんと2本組で売られていたので、よっぽど大変なんだろうと思い
思い切って買ってみました。ちょーうまいです。おすすめ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA