気持ちよく続ける について(上)

気持ちよく続けることって大事です。

おまえがいうな、という感じなんですけれど

例として、コーチングでダイエットについて、書いてみたいと思います。

 

コーチングでは

◯◯をすると痩せる、という方法をレクチャーすることはできません。

その方法は、それぞれが情報収集して、ご自身に適したものを探してください。

緩やかに筋肉をつけていく方法、短期間にがっと体重を落とす方法、費用がかかるもの、かからないもの、いろいろありますよね。

ご自身に合ったものを見つけるサポートはいたしますが

「こうする」と決めるのは、あなた自身です。

 

スポーツや勉強や語学なんかも同じだと思いますが

「こつこつと続けること」が成功の道になるものって、ありますよね?

わたしはダイエットもそのひとつだと思いますので

「続けること」をコーチングで強力にサポートすることができます。

楽に、うれしく続けることができますよ。(これは自分で実証済み)

 

その時によく「困ったなあ」と思わされるのが、身近な外野の方。

特に、パートナーや親御さん、お子さん。

もー、これが。やいやい言わはるんですわ。

 

「なんや、まだデブやな」

「ぷよぷよっていうよりぶよぶよやな」

「何にも変わってへんやんか」

「相撲取りになるんか」

(関西弁にしてみました)

 

これね、愛情のつもりで言っている人もいるんです(というか大多数がそうです)。

でも、言われた方のテンションが、これで気持ちよく上がることってないでしょ?

「なにくそ!」のパワーは時に威力を発揮しますが

それよりも、ご機嫌パワーで物事を進める方が絶対にいい。

「やりたい」が原動力になった方がいいんです。

 

なので、そんなことを言ってくる愛する人には、こう言ってやりなさい。

 

そんなことを言って、なにか良いことが起こると思う?

 

明日は、気持ちよく進める方法を考えていきましょう。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA