きらいを分解してみる

わたしが住む横浜は、暑さ寒さが都内よりおだやかで

(だから冬場薄着で驚かれ、そして自分も寒い)

なのに?だから?桜が咲くのも遅めなんでしょうかね。

4分咲きくらいの今日は花曇りでした。ちょっと寒いですね。

 

で、今日はまったく違う話をします。

みなさま食べ物の好き嫌いってありますか?

わたしは絶対に食べられないものは納豆くらいなのですが

好みに合わんなあ、という食べ物は、いくつかあります。

 

その中のひとつが、マヨネーズを乗せて焼いたパン。どんなものかわかりますか?

パン大好きなんですけど、これだけはだめです。

コーンとかツナとかをマヨネーズで和えてあるものも

ソーセージの上にマヨネーズを乗せて焼いてあるものも

どちらも苦手です。

(さらに細かいことをいいますと、それらを挟んだトングを使うのも避けたい)

 

焼けたマヨネーズの下の「にゅるぷりん」としたところが嫌いなのと

結構な確率で玉ねぎが混ざっているところが、嫌いなのです。

コーンとかツナとかソーセージとかパンは、大好き。

なので、焼いたマヨネーズと玉ねぎ(特に生)に出会わないように生きています。

焼いたマヨネーズが外食で出てくることは、まああまりありません。

お弁当用の冷凍食品には、こういうのありますよね。

だから、パン屋さんと、出されたお弁当はちょっと注意しています。

玉ねぎは、また別途大きな注意を払っています。

 

が、昨日やってしまったんです。

デリバリーのピザ!!! 春のアスパラガスのピザが、まさしくこれだったんです。

マヨネーズの下に玉ねぎ、マヨネーズの上にアスパラガス・・・。

いやあ、そうくるとは思わんかったわ。

もっとシンプルな(アスパラとチーズ、みたいな)ピザだと思っていたのです。

使っている素材は書いてあるんだから、ちゃんと見ればよかったですね。

 

食べ物ならまあ、あーやってしもた、で済みます。(アレルギーではないので)

でもこれが、人間関係だったり、仕事だったりしたら

きらいを避けられるものなら、避けたいと思いませんか?

でもだからと言って、必要以上に避けるのも、あなたの可能性を狭めてしまいます。

 

ピザで例えるなら、

マヨネーズ入りと、玉ねぎ入りを避けたい。

でも、それらを使っていないなら、美味しいものを食べたい。

ピザ全体を避けるのではない。

こんな感じ。

 

いつもわたしは「できたこと、できることに注目しましょう」と言っています。

避けたいことが何かを考える、というのは、矛盾するのでは?と思うかもしれません。

ちょっと屁理屈っぽく聞こえるかもしれませんけれど

「避けたい」という能動の行動なので、いいのではないかなー、とわたしは思います。

そして、分解して考えることによって、あなたの可能性を狭めないように

必要最小限を避ける、というのもたのしい生き方のコツかもしれませんね。

 

ピザやパンを全部避けるのではなく、マヨネーズと玉ねぎを避ける。

本当に嫌いな部分はどこなのか、それを厳選するようなコーチングもやっています。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

とっても美味しい飲むヨーグルトのうし

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA