オンラインコーチングはじめます

日々状況が動く中、

世界中の人々が考え、動き出しているように思います。

たしかに、リアルな移動という意味での動きはできませんが

それにとどまらない動き、というのが出てきているなあと思います。

 

こんな時期だから、

不必要な思い込みを捨てたい、よりよく進みたい、話を聞いてほしい、

そんな方々のご要望に、プロのコーチとしてお応えしたいと思います。

なので、オンラインコーチングを始めることにしました。

 

わたしは基本的に

「直接お会いすること」にこだわってコーチングを提供しています。

オンラインを依頼されることもありますが

んー、でも対面の方がいいっすよ、とか言っているのを

聞いた方も多いと思います。

 

なぜ対面がいいかというと、わたしはあなたに会いたいんです。

明日は渋谷でコーチングだ、と思うのと

明日はzoomでコーチングだ、というのと

思い比べると、直接会う方がうれしくないですか?

だから、リアルにお会いすることを優先してきました。

(ふと思って検索して見ると、オンラインの対義語がリアル、というのは古いらしい。ネットはリアル。なるほど。・・・でも、じゃあなんと言えばいいのか)

 

おそらく人間は「人と会ってはいけない」という事態が苦手です。

日本では「物忌み」という風習がありました。家から一歩も出るな、あれするな、これするな、というしきたりです。

これは平安時代の文学では、非常に「うとましいもの」として描かれることが多いです。

つまり、人は、人に会いたい。いろんなことやりたい。

わたしのコーチングは、この人間の本能のようなものを大切にしたいのです。

 

コーチング会社や効率を最優先させるコーチなら、

オンラインコーチングを勧めるでしょう。

わたしは、わたしの看板だけでコーチングをしています。

だったら、お客様もわたしも「会いたい!」が動機のコーチングがあっても

いいんじゃない?

 

わたしは

電車に乗って、渋谷の交差点を超えて、会いたいのです。

 

 

でも今は平安時代とは違って

オンラインで顔を見て、声を聞くことはできます。

できるんだったら、やりましょう。

対面にこだわって、やらないのはもったいない。

 

あなたのやりたいこと、今の状況、聞かせてください。

どうやったらできるか、一緒に考えましょう。

思ってもいなかった発想を体験しましょう。

そして、ぐんぐん変化してたのしみましょう。

オンラインで。

 

というわけで、オンラインコースを新設し

それに伴って、一部の料金やコースを見直しました。

 

概要と料金

 

 

ちょっと変、というか、マーケティングからすると変な料金体系です。

わたしは、会いたいんです。

そういうコース設定になっています。

(でもよく考えたら、そんなに変じゃない)(どっちやねん)

 

お問い合わせをお待ちしております。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA