料理にたとえる(最適な手段で)

今週は親子丼の話をしています。

昨日は目的があると、という話でした。

今日は手段。初日は略しましたが、調理の部分です。

いわゆるレシピですね。

 

世の中には星の数ほどの親子丼レシピがあります。

まあなんとなく作っても、親子丼にはなります。

お料理やお菓子づくりをする方はお分かりかと思いますが

どのレシピを選ぶかで、手間が違いますし、味ももちろん変わります。

そして、いくら「決定版!親子丼」とか書かれていても

それが、あなたにとって最適かはわかりません。

 

そうです。目的や目標と違って、

手段は実際にやること。その内容。

最終的にどんな味になるかも重要ですが

どうやって親子丼を作るか、これはご自身にとってはもちろん

手を動かす部下や社員にとっては、最重要ですよね。

目標が親子丼かオムライスか、とか言われている場合じゃないと思いますでしょ?

 

自分にとって最適な手段を採ること、これは人生の納得感にもつながります。

たとえば

玉ねぎではなく、ねぎ入りの親子丼を食べたいのに玉ねぎを用意しろ、とか

ごろっとした鶏肉の入った親子丼を食べたいのに、ひたすら鶏肉を小さく刻む、とか

鶏皮が好きなのに、ない方が洗練されるから外しさい、とか

いやでしょ?

逆に

めちゃくちゃぷりぷりの鶏肉を食べたければ、

ちょっとお酒に漬けておくくらいの手間は、なんでもないですよね。

 

経験を積むと、

こんな感じの親子丼にするためには、どうしたらいいかということが

わかるようになってきます。

そうなってから、たまに別の人のレシピを試してみると

新たな発見が、あるのです。

これが

「知っていることを、あたらしい目で見る」というコーチングのお約束。

 

たとえば

半熟至上主義!とばかりに見張っていたけれど

卵に硬いところがあった方が美味しかったり

実は、玉ねぎもおねぎも入れなくても美味しいんだよ、と知ったり

それでまた、世界が広がりますよね。選択肢が増えます。

 

常にうたがえ、みたいなコピーがあった気もしますけれど

「なにが自分にとって最適な手段か」を探す目を

少し開けてみるのもいいかもしれません。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング

最近はお菓子もよく作る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA