フレームに入れる、フレームを替える

ポルトガルのアーティストから小さいコラージュの作品を買いまして。

時節柄か、ロストか?と思うほど時間をかけて到着しました。

それを今日、画材屋さん?(世界堂です)に持って行って

額装のお願いをしてきました。

 

今まで額装を考えるとか、実際にお願いするとか

そういうことをしたことがなかったので

初めてだからということもありましょうが、すごく面白かったです。

いろんなものを額装したくなっています。

フレームが変わると作品自体も変化して見えますね。

単純ないい悪いではなく、どちらもいいけれどこっちが好き、とか

あそこに飾るならばこちらだなあ、とか。

面白いです。

 

で。

コーチングでは「リフレーミング」という手法を使います。(何度か書きました)

絵を額に入れるのと同じように

物事の捉え方を変えるのです。

 

よくあげる例として

お菓子を食べたら半分になった。「もう半分になった」か「まだ半分ある」か。

失敗をした。「わたしはダメ人間だ」か「いい経験になった」か。

彼女がいない。「自分には魅力がない」か「自由がある」か「次に瞬間に出会うはず」か。

 

どう捉えてもいいんです。自由です。

でも、行動に変えるためには(なりたい自分になる変化を起こすためには)、ポジティブに捉えた方がいいでしょう。

同じ人に、同じことが訪れたとしても、

その時の状況によって、どのフレームに入れるかは変わってきます。

また、フレームを入れ替えるのも、自由。

 

ひとつだけ、お願いがあります。

自分で決めてください。決定権は、どこまで行っても自分が持っているようにね。

 

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

箱を開けた!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA