自分と違う人のことをけなしがち

昨日のコラムは「多数の目、多種の目」というタイトルでした。

CRM(クルー・リソース・マネジメント)から

コミュニケーションの大切さ、組織である意味なんかを考えました。

 

今日はこのうちの「多種の目」について、改めて書こうと思います。

(きっと、過去記事に同じようなことを書いていると思います)

 

学校も、会社も、習い事なども

ポリシーなどに惹かれたり、やりたかったことだったりする人が集まるので

そして特に、会社は内部の人が選考することもあって

なんとなく、似たような人が集まってしまいます。

それはそれで、いいのです。「同じこと」は人と人の心の距離を縮めますから。

 

でもそれが行きすぎてしまうと、「多数の目」にはなっても

「多種の目」がなくなってしまいます。

 

組織単位でコーチングをお受けした場合は特に

そのチームの人々をメタプログラムと呼ばれる認識パターンで分類して

配属や、その後の採用に活かしていきます。

 

たとえば。

冷静な人(いつも客観視している)と感情的な人(物事に入り込む)

すぐにやる人、塾考する人

ゴールに向かって進みたい人、問題を解決していきたい人

などなど。(あ、こんな記事がありますね)

決断はやいおそいについて

 

 

だいたい、自分と違う人のことをけなしがちなんです。

あなたが「当たり前だ」と思うことが、全く当たり前じゃない人がいるのですよ。

ということを知っているだけで、「多種の目」を受け入れる準備ができます。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

いい青!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA