実力を発揮するために

自分の実力を出し切ったー!と思えた経験はありますか?

いい結果でした? そうではなかった?

そして、その時のご気分はいかがでした?

 

自分の実力を出し切って、いい結果を得られたら

それは、とても気持ちがいいですよね。

すかっとしたり、熱くなったり、うれしくて泣いたり。

いつもそうだったらいいですよね。

 

では、

実力を出し切った! でも、望んでいた結果ではなかった

そんなご経験はありますか?

相手があること(試合とか)だとか

環境に左右されるもの(登山とか)だとか

判断が他人に委ねられるもの(オーディションとか)だとか

そういう場合は、自分の実力を出し切っても

望んでいた結果が得られないこともあります。

 

実力を出し切ってもそうなんですから、出し切れなかったら?

そりゃあ悔しいですよね。

実力をいかんなく発揮できていれば、うまくいったかもしれない

そんなことを考えてしまうでしょう。

でも、その時にはもう遅い、とも思うでしょう。

 

そうならないために、いつも実力を100%出せるように

あれをしましょうこれをしましょう、というものが百花繚乱ですが

コーチングもね、そのひとつです。

実力を発揮すること、実力を伸ばすこと

そういうことが得意です。

 

コラムでお伝えできることをひとつ。

何事もまず、自分ごととして考えてみましょう。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

色がきれいでした

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA