謙遜ってほんとに必要?

以前、「思っていないことは言わない」というタイトルで書きました。

思っていないことは言わない

ここでは、

素直に、飾らずに自分を伝えるといいと思います。
慣れないうちは「わたしは、こう思う」という言い方もおすすめ。

ということを書きまして、それはその通りと思っています。

 

最近、謙遜って必要かなあ、という話題が出ましたので

また考えてみました。

 

テレビのバラエティ番組などで、ゲストの俳優さんが映画の告知なんかをされますよね。

その時に「おもしろくないかもしれませんが、見てください」って言うことは

まず、ないと思います。(ネタとして昇華できるタレントさんなら、ありかしら)

だいたい、がんばったところや見所をお伝えになります。

 

謙遜してませんね?

 

なぜか。

作った人が、おもしろくないとか自信がないというものを

見たいと思いますか? ということです。

 

ハードルを上げたくないから謙遜する、という意見もあるかと思います。

そこは腹をくくりましょう。

慣れるまで

「わたしは」一生懸命がんばりました。

「わたしは」おもしろいと思います。

という言い方をしてみてはどうでしょうか。

 

他にも、

「◯◯さんも」いいと言ってくれました

みたいに、第三者(できればよく知られた人)に語ってもらうのもいいでしょう。

本の帯文などは、このパターンですね。

 

それでも怖い、自信がないというならば

それが邪魔をするならば、コーチングであっという間に調整できます。

せっかくの作品(事業、製品・・・)なんです。

ちゃんと伝えてあげましょう。あなたの気持ちのお手伝いをします。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA