誰から学ぶか、誰と学ぶか、どこで学ぶか

習い事などをはじめるとき、入学する学校を選ぶとき、

何を重要視するかは人によって違います。

誰から学ぶか、誰と学ぶか、どこで学ぶか

どの方面から検討しても結局結論は同じなのかも、ということを書きます。

 

お教室や学校を選ぶとき、

先生がどんな人かを調べるのと同時に

そのお教室の環境や実績、どんな人が通っているのかなどを知りたい人は多いでしょう。

特に、私立の中学校などは「どんな生徒さんがいるのか」をまず気にするのではないでしょうか。

 

できれば「いいところ」に入りたい。そう考えると思います。

なにが「いい」のかは人によってちがうでしょうが

たとえば、優勝したい、とか、上手くなりたい、とか、可能性を広げたい、とかが「いい」のだとしましょうか。

 

なぜ「いいところ」に自分を置きたいかというと

みんなができている環境に身を置くと、自分も「できる」と思えるから

ということが理由のひとつになるように思います。

 

以前にも書いたような気がしますが

例えばプロ野球、優勝するチームはなんとなく決まっています。

一方、優勝したことがないチームというのもあります。

もちろん選手補強やらの理由もあるでしょうが

「自分たちは優勝できるチームだ(もしくは、どうせ優勝できない)」という思い込みができてくるから

ということも理由になると思います。

現に、常勝球団から弱小球団にベテラン選手が移籍したりすると、勝ち続けたりしますよね。

 

この思い込みを裏付けるための「勝つ」という結果は、指導方法に寄るところが多いでしょう。「誰から学ぶか」

その指導方法に適した人が集まってくる。自分と似ているところも多いので親しみやすい。結果も出やすい。「誰と学ぶか」

その結果が評判となり、カラーとなり、ブランドとなる。「どこで学ぶか」

 

有名なお教室や学校などに通うことを、

名前だけで選んでいる、とか、ブランド志向だ、と非難する人もおられましょうが

多方向からしっかり見極めたら、それは伊達ではないことに気づくと思います。

 

少なくとも、楽そうだから、とゆるい場所を選ぶのは、成長の足しにはならないかもしれません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA