やる気になったら成果が欲しい、ですよね(下)

やる気になったらやるんだから、成果が欲しいの、という方に

コーチ的、成果の出やすい人を解説しています。今日は最終回(たぶん)です。

 

初回は

やりたいさん と なりたくないさん

やる気になったら成果が欲しい、ですよね(上)

昨日は

やるやるさん と 考えるさん

やる気になったら成果が欲しい、ですよね(中)

 

でした。

 

今日は

違いがわかるさん と あんまり変わんないよさん です。

 

たとえば。ちょっと極端な例ですが

大相撲の床山さん(力士の髷を結う人)を退職し、美容師さんになった人がいるとしましょう。

友達に、どう?と聞かれた時に

違いがわかるさん なら、「ぜんっぜん違うよ!使う道具も違うし!(あれこれ)」と言います。

あんまり変わんないよさん なら、「髪を触るっていう意味では、変わんないよ」と言います。

 

これ、結論を先に言いますと、違いがわかるさん の方が成果を得やすいです。

なんとなく、変わんないよさんの方がかっこいいですけどね。

 

質問です。人が何かのアクションを起こした時、

脳みそがうれしいのは、変化があった時でしょうか、変化なしの時でしょうか。

はい、変化があった時ですね。

脳みそは、うれしいとますますやりたくなります。変化したらうれしかった、じゃあどんどん変化をしていこう

脳みそは、こう考えます。(逆に、変化がないと、脳みそはすねていじけて「どうせ僕なんて」って思います)

変化することが成果を生むならば、これはしめたものですね。

 

ここから

脳みそがうれしいと思えるようにするには

変化に気づきやすい、変化を感じやすい方が、いいということが分かります。

そのためには、小さくてもいい、変化を見つける視点を持つことが大切です。

 

と、知っていること。これがまず初めの一歩です。

読んでくださった方は、知りましたよね。あとは、変化に気づくだけです。

 

常に変化に目が向くような練習は、コーチングの初めからやっていくことです。

成果を出したい方は、ぜひコーチングをお試しくださいね。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA