人生グラフを書いてみた- my story- 4

転職してすぐに辞める?!さて、どうなる。が、昨日までのお話。

人生グラフを書いてみた- my story- 3

いよいよ今日は、コーチの三木誕生です。このあたり。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

ほんの3年くらい前のお話です。どうぞ。

 

+++

39歳になる直前に無職です。会社を辞めたと知ったIM時代のお客様からの仕事をいくつか受託しつつ、なんとなく「40歳くらいに独立」に寄って行っているような気もしながら、最初は就職も考えていました。でももう、他人の会社に自分の人生を委ねるのは嫌!逆に怖い!と思っていたので、パラレルで働けるような会社をいくつか当たってみましたが、これも少し時期が早すぎたようです。2017年上半期当時はフルコミットを求める会社がまだまだ多かったです。また、ロールモデルになるような40歳代女性社員じゃないと意味がない、という会社もありました。知らんがな。じゃあ給料2倍は出せよ、とか思いました(黒)。

そんな感じで無職時代を過ごして1か月くらいでしょうか。お盆の頃にふと、「あれ?わたしがやってきたことってコーチじゃない?」と思ったのです。コーチングが何かを詳しく知っていたわけではありません。これを説明しようにも、ふと思いついたので説明できません。10数年まえに知った「コーチング」がむくむくと出てきたとしか言えません。

すぐにコーチングを学べるところを検索、だいたいこういう講座は秋から始まるものが多いので、8月から9月は説明会をしているところが沢山ありました。ちょうど3つ見つけたので、説明会に参加してみることにしました。九段下と新宿と両国でした。結果、両国のスクールに通うことにしました。自分ではなく他人のために使えるコーチングを理論立ててテクニックとして学べそうだと思ったからです(スピリチュアルやあやしげな自己啓発っぽいスクールもあるのです)。

ちょうど39歳の誕生日から講座がスタートしたと思います。コーチングの技術を学ぶことはコーチングを受けることを含んでいます。コーチングによって、なりたい自分になっていない人は他人をコーチングすることはできません。コーチングによってなりたい自分になったから、他人にコーチングができるのです。

ここでも、スクールの先生(元ばりばり理系の技術者でした)や一緒に学んだ仲間たちとの相性がうまくフィットした上に、「わたしコーチやってたんじゃない?」と自覚していたのは正しかったようで、コーチングする自分に違和感が全くなかったのです。それは、お客様への効果にもつながります。トレーニング時代の仲間である年配男性へのコーチングセッションで、感動で泣かせてしまったこともありました。わたしとの練習中のセッションで、夢を叶えた仲間もいます。やっぱり、わたしはコーチをやるんだ、と腹が決まったので、マスタークラスに進み2018年3月に独立しました。

このStoryを作っていて気づいたことがあります。コーチングを始める前のわたしは、基本的に自分でごきげんになれる、落ち込みを引きずらない(飽き性?)素養はあったようなんですが、どうも他人や周りの影響を受けてグラフが下がるのです。世の中が不況だから売り上げが下がった、周りが悪い、と言っている経営者のようなものですが、周りの状況に流されてグラフが下がるのはもったいない。他人に影響を受けることなく人生を自分でコントロールできるようになる、なりたい自分になる秘訣はこれかもしれません。

わたしがコーチングでなりたい自分になっていることを一番実感するのは、こんなことです。

お安くない受講料を払ってコーチングを学んでいても、自分ができるようになるかどうか分からない、独立してもお客さんを見つけられるか分からない、しかも無職という不安な時期、希望するような就職先はない、転職市場では結構年寄りだ、おそらく、前のわたしだったら不安で耐えられなかったと思うのです。また、自分の資金状況を真正面から見ることも、お勤め時代はできませんでした。独立するならば、お金のことから目を背けることはできません。お代は(わたしが決めた)いくらです、と言えるようになること。以前のわたしなら、きっとできなかったでしょう。今は自分のなりたい(ありたい)姿に向かって、必要なことに対処して進むことができています。

できることに注目できるようになる。これはコーチングのメジャーな効果のひとつですが、わたしがいらない不安を手放して、やりたいことに向かって進んでいけているのは、この効果のおかげです。なりたい自分になるように調整できるコーチングは、きっとたくさんの人の役に立つでしょう。

おかげさまで、わたしのコーチングを受けてくださった方は100%の確率でリピートしてくださっています。自分のことを好きになったとか、未来の自分が楽しみというようなご感想をいただいたり、新しい目標を見つけた方や、目標を叶えて、さらにより良い方向を見ている方ばかりです。

わたしと同じように、イケイケでもなく、バリバリでもなく、ガツガツでもない人、特に今の30代くらいの方は、真面目で、優しくて、きっちりしていて、頑張りやさんの人ほど、がまんしていたり、他人や状況に振り回されていたり、自分にはできない、怖いと思い込んでいて進みたいのに進めない人が多いように思えるのです。わたしは、そういう方がなりたい自分になれるようなコーチングをこれからもやっていきます。

 

+++

以上でございます!

読んでいただき、ありがとうございました。

なぜわたしがコーチをしているか、なんとなく、おわかりいただけましたでしょうか。

明日、簡単にまとめてみようと思います。

 

1回めからお読みになるなら、こちらから

人生グラフを書いてみた- my story- 1

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA