「そんなドラマみたいな話あるかいな」

皆様はドラマをみますか?

わたしは、毎週同じ曜日の同じ時間にテレビを見る、というのが苦手で

特に社会に出てからは、あまり見なかったんです。

でもフリーになって、しかもこのご時世で夜の予定がほぼなくなったので

意外と、ちゃんとみられるんですよね。

というわけで、夏までは1クールに1作品くらい。今季はいくつか見続けたいなあと思うものがあります。

 

ドラマの初回や2回めは、人物紹介や「これからこんなことが起こります」みたいな説明をする内容が多いと思います。

特にラブコメディや職業モノドラマはそうですよね。(ミステリーとかサスペンスは少し違うかな)

このあたり、実はコーチ的大好物だったりします。わたしだけかもしれませんけど。

 

初回はまだのめり込んでいないので(第三者的視点)、登場人物の思い込みが「ぱしっぱしっ」と手に取るようにわかります。

明らかな思い込みではなくても、ここだなーというツボがわかります。

これはまるで、おためしコーチングの1回めにお客様とお会いした時のようです。

で、この人物はこの思い込みをどうしたいのかなーと、聞くことはできないので想像します。

だいたい、脚本の中で匂わせるようになっています。

そして、中盤以降、登場人物の変化がドラマになる、というわけですね。

 

ドラマではだいたい、

初回そのままの登場人物が絶体絶命になって、泣いて、悲しんで、別れて、傷ついて、

そこで、あっと驚く出会いがあったり、たまたま周りの環境の影響を受けたり、誰かの一言があったり、

ラッキーチャンスどーん!があったりして、登場人物の人生が良い方向に変化していきます。

もし、何もなかったら・・・?

人生は変化しないから不幸なまま。それはドラマになりませんね(そういうドラマもありますけどね)。

「そんなドラマみたいな話あるかいな」って、よく関西人がツッコミで言いますが

普通ならありえないような良いきっかけがあるから、みんなが憧れるドラマになるんですよね。

 

これ、自分に置き換えたら、ちょっと怖くないですか? もし、何もなかったら・・・?

 

コーチングって、「もし、何もなかったら・・・?」を回避するものです。

「そんなドラマみたいな話あらへん」かっても、なりたい人生に変えていくことができる方法です。

(標準語訳:ドラマみたいな話がなくても、なりたい人生に変えていくことができる方法です)

 

書かなくてももうお判りいただけていると思いますが、

コーチングは

自分で、自分を変えていく。

そして、なりたい自分(だいたい幸せな自分になりたいと思います)になるお手伝いをするものです。

なので、「コーチングを受けて幸せになりました」というドラマはできるかもしれませんが

いわゆるドラマっぽい、ぶつかったり、泣いたり、傷ついたり、慰められたり、みたいな展開には

多分ならないと思います。もっと、すーっと楽に、意識せずに人生が変わっていくはずです。

 

もしよかったら、おためしくださいね。

そして、脚本の監修?ご意見番?にコーチを雇うと、人物描写が深くなりそうな気がします。ご用命あれば!

 

よい週末を!

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA