ゾーンとマインドフルネスの関係

昨日はゾーンの話でした。

ゾーンとマインドフルネスの関係を、もう少し書いておこうと思います。

 

そもそもゾーンってなんだ、という話。

ものごとに集中していて、他のことが入ってこない状態。意識せずとも最適に身体(頭)が動く

こんな状態、としておきましょう。

ナイスなプレーをしたサッカー選手が「ボールが止まって見えた」と言ったり

図工の時間に彫刻刀で板を彫っていたら、周りの音も聞こえなくなったり時間を感じなくなったりした、とか

漫画や小説を読んでいて、自分がストーリーを追うだけの存在のように感じた、とか

いずれも、その状態が終わってから感じることですが、こんな体験はないでしょうか。

それは、とても気持ちのいい状態であり、素晴らしい成果を生んでいる時間であり、また、終わってからもつかれていない

そんな特徴があります。質の良いリラックス状態で現れる状況です。

 

この状態は、コーチングやNLPを学んだ人なら

「意識と無意識がつながった」と表現するでしょう。

意識の何万倍もの能力を持つ無意識が、無意識に使えている(無意識だけに)という状態です。

思ってもいなかった能力が発揮されるのは、こんな時。脳波でいうとα波やθ波が現れているそうです。

 

マインドフルネスは、ざっくりいうと、テクニックでこのような状態を作り出すことです。

日頃から繰り返すことにより、「意識と無意識がつながりやす」くなるので

ここぞ、という時に

ものごとに集中していて、他のことが入ってこない状態。意識せずとも最適に身体(頭)が動く という状態に

意識しなくても、なりやすくなるのです。

なお、マインづフルネスのテクニックがあるので、修行とか自己啓発のようなものは必要ありません。

 

α波はリラックスした状態、θ波はもっと深いリラックス状態で、アーティストが作品を生み出すここぞという時によく現れるそうです。

普段からそういう状態に近いところに持っていけると、心も身体もいい状態になるように思います。

 

おためしコーチングでマインドフルネス体験もできます。ご希望の方は、お申し込み時にお知らせ下さい。

 

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA