初日の貴景勝関の言葉から(コーチング的考察)

昨日から大相撲が始まりまして、だいたい場所中に1回はこちらでも話題にするのですけれど

初日早々、コーチ的に興味深い言葉がありましたので、ご紹介します。

大関 貴景勝関のNHKインタビューからです。

 

先場所(9月)、大関は優勝争いの一角を担っていたのですが

終始、優勝した正代関に一歩及ばず(途中まで正代と並んでいたが正代に負けた。誰かが正代を破れば優勝のチャンスあり)という状況でした。

それを振り返って、これをこのように表現されていました。

 

追いかける状況は、人の結果次第で決まってしまうところがある
そもそも追いかける状況をつくるのがよくない
自分が追われる状況にしないといけない

 

つまり、トップに一歩及ばなかったので

優勝争いを自分でコントロールできず、他人の状況に委ねてしまった

自分がトップに立ち、自分でコントロールできる立場にならないといけない、ということです。

もう、いくら自分が勝っても優勝に及ばない、そういう状況は歯がゆいものだったでしょう。

 

これはコーチングでお伝えしている、

自分ごととして考えましょう、自分の足で歩きましょう、自分を取り戻しましょう、自分軸で、

といったことと同じだなあ、と思いました。

自分で自分の人生をコントロールする、これはコーチングの大きな目的のひとつです。

 

 

あわせて、おもしろいなーと思ったのが

9月まで、国技館は定員の約4分の1である2500人の定員でしたが

今場所からは倍の5000人にしているそうです。

その違いを聞かれて大関、

「暖かくなった気がする」と。

 

わたしが学んだコーチングでは、その人がどの感覚を処理するのが得意か、ということをまず考えるように、と教えられました。

貴景勝関はじめ、上位の力士のみなさんはだいたい「体感覚」が優れているように思います。

これは、相撲の動作は視覚や聴覚よりも、「体感覚」を使うのが向いているだろうと思うからです。

だから、「暖かくなった」と発言されたのは、その通り!なのです。

(3月の無観客開催の時、炎鵬関は振り返って「寒かった」とおっしゃったそうで。これもなるほど)

 

例えばNHKのアナウンサーさんは「拍手の音が大きく聞こえます」と実況でおっしゃっていることが多いようです。(聴覚)

解説の親方衆は「(升席が)埋まってますね」とおっしゃっている方がいました。(視覚)

観戦されたお客様もそれぞれ感じておられたでしょうね。館内に入った時の圧(体感覚)を感じた方もおられるかもしれません。

 

そんなこんなで、珍しく貴景勝関の話題でした。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

写真は台湾のヤクルト。日本のより大きかったです。

貴景勝関のヤクルト化粧まわし、おしゃれですよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA