リラックスマインドフルネス(2)

昨日に引き続き、自分でできる、寝たままできる、名付けてリラックスマインドフルネスをご紹介します。

昨日はこれ

リラックスマインドフルネス(1)

 

さて。ぺたりとして根っこになってぽかぽかした呼吸(昨日の)に満足したら

(こんなもんでいいかな、という時にやめればいいです)

「自分の身体を触る」ということを、ぜひやってみてほしいのです。

 

昨日も書いたように、マインドフルネスは

自分、自分の意識、自分の感覚を改めて知ること

つまり、自分を意識することから始まります。

自分の手で自分の身体を意識する(触る)ことって意外とないので

何に気づくか、何を感じるか、たのしみになさってください。

もし、肌触りのいいパジャマをお召しの場合、パジャマの上から/直接 の違いに気づくのもいいですね。

 

じゃあどこを触るのか、といいますと

昨日発見した「ほころびポイント」ここはまず触っておきたいです。

先ほどの続きの感覚で、ゆったりとした呼吸、ゆったりとした動作で、力を入れずに。

指先でさするのか、手のひらでさするのか、はたまた手の甲がいいのか、

さするよりもじっと手を置くのがいいのか、などなど色々やってみてください。探検です。

ツボがわかる方なら、ぎゅうぎゅう押すのではなく、軽く指を置いて少し意識してみる、というのもおすすめです。

どうするのが、気持ちいいですか?ほぐれますか?ほっとしますか?

(リンパ流し!とかは、ここではやめましょうね)

 

探検の中にはぜひ、

左右の手のひらで逆のひじを持つ、または二の腕を掴む(いわゆる、ぎゅーの形ですね)を

入れてみてください。

その時は、「わたし、今日もよくやった!」「かわいいぞ!」「愛おしいぞ!」って思いながら、しばらく静止してくださいね。

すぐにパッと離さないように。そして、ゆっくりとした呼吸で、感覚を味わってください。

 

こうやって触ることを日常にしていくと、身体の変化に気づいたりします。

ちょっとハリがないな、とか、むくんでいるな、とか、肌がつかれているな、とか、痩せたな、太ったかも?とか。

気づいたら、対応(変化)です。その状態が好ましくないならば、改善するように、とりあえずできることをやってみましょう。

 

また、こういう考え方もできます。

どうせ触るなら、心地よい手触りがいい。でしょ?

ならば日頃からクリームを塗るとか、少しストレッチしてみる、とか。男性なら筋肉をつけてみるとか?

ちょっと積極的にやってみる。

そうすることによって変化したあなたの皮膚や筋肉、変化を選んだあなた、愛おしいですね。

ぜひかわいらしく思ってあげてください。

 

自分を今までよりも大切に思えたら。どんな変化に気づくでしょうね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA