種をまく(コーチングの役割のひとつ)

たぶんこれは一般的な説明だと思うんですけど

コーチングの役割は

今できないことをできるようにする
今できることをもっとパワフルにする
未来のために種をまく

というみっつが挙げられます。

なかでも、長くバディを組んでいるお客様とコーチがうれしいのは

未来のために種をまく、ということ。

おお!あれが種だったんですね!みたいな会話を、半年越しとか1年越しなんかにできることは

本当に、本当によかったなあと思うことのひとつです。

まいているときは種だって気づかなかったりするんですけどね、だからこそうれしいのかもしれません。

 

わたしは今日、1年くらい前にまいた(とは思っていなかったけど)種が実は芽吹いていたことを

ご本人からではなく、別の方経由でお聞きしました。

めっちゃうれしかったです。よかったなーと思います。

これを憶えておきたいためだけのコラムでした。えへへ。

 

みなさまよい週末を!

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA