「◯◯のために」と「◯◯のせいで」は紙一重

雪が降りました!@横浜

あなたの街ではいかがでしたか?

 

さて。ご縁をいただきましてお母様のコーチングをさせていただくことも多くあります。

パーソナルコーチングまでいかないような、ちょっとしたご相談事などもよくいただきます。

これは人によりますけれど、

「子供のためにやっているんです」というセリフが出てくることも多く、

そういう方は、ご自身の価値観を整理すると「子供」が上位になっていることが多いです。だから特に問題はない。

 

それで何もなければいいんです。

 

恐怖心を煽るつもりはありませんけれど、お子様も所詮他人です。自分ではありません。

全てご自分の思う通りになるということは、なかなかないのではないかと思います。

何かあった時に、「子供のために」は、「子供のせいで」に変わってしまいます。

そうなった時に「自分のため」がないと、どうなるかなーと考えてみてもいいのかもしれません。

 

また、子供のため、と、自分のため、が相反していた場合

これは葛藤となります。

子供のため、が、自分のため、につながるのであれば、コーチングで解消することは可能です。

でも、どうしてもそうはならない事もあるでしょう。

やはり、自分のため、を主軸にする方がいいように思います。

 

◯◯に入るのは、もちろん子供だけではなく

仕事、会社、家族、チーム、お金、美しさ、健康、などいろんなことが当てはまると思います。

ご自身が当たり前と思っている行動、考えなどについて

それは何のため?とたまには問いかけてみることをお勧めします。(そして、それが自分のためになっていたらいいですね)

 

わたしは子供はいませんけれど、

自分ではない誰かのために一生懸命やっていたことが崩壊した時に(一瞬で済みましたけれど)大混乱したことがあったので

(これですね。同期のためにクラブをやっていました)

それ以降、何事も「自分のため」にやるようにしています。

よくても悪くても自分のせい、自分ごとにしなければ進まない、というのは

ある意味、大変でつらいものでもありますけれど

少なくとも、自分の人生には納得できるのではないかな、と思います。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA