その立場にいる覚悟

とはいっても話題のオリンピック関係のお話ではありません。

もうそろそろ、春に向かって昇進とか異動とか、そういう話題がちらほらと出てくる頃。

地位が人をつくる、ともいいますけれど

なかなかそうなっていない人もいるよなあって、自分の会社なんかをみていても思うかもしれません。

 

特に、

言われたことをやっていた立場から、人を動かす立場になった場合

追う立場から、追われる立場になった場合

お給料をもらう立場から、お給料を支払う立場になった場合

などなど

切り替えられない人っていらっしゃると思います。

 

だっていずれも、前者の方が楽ですものね。

でも、変わらなきゃ、きっとうまくいかなくなる。

どうしたらいい?

 

コーチングは解決のひとつではあります。

わたしならどうアプローチするかなあと考えますと、そうですねえ。

新しい立場に合ったステージに、あなたを引っ張り上げる

できない、とか、無理、みたいな思い込みを取っ払う

できたらうれしい、無意識をわくわくさせる

みたいな感じでしょうか。

 

ご興味ありましたら、おためしコーチングからどうぞ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA