焦点を絞る

コーチングは未来にフォーカスするんですよ、と解説のようなところには書いていますけれど

実は、このままの言葉として習った記憶はないんですよね。

フォーカスした未来に進むために、今いらないものを手放す、という部分は

わたしのコーチングの特徴で、これを教えているのはわたしの師匠です。

 

ということはまああまり関係がなくて、

コーチングの場ではしばしば「どうなりたいですか?」みたいな聞き方をすることがあります。

それまでのやりとりから、仕事のことだったり人間関係のことだったり色々な意味で捉えて

みなさん考えてお答えくださいますが

そうではなく、いきなり「どうなりたいの?」と聞かれても困ってしまう人が多いと思います。

(こんなふうにいきなり聞くコーチはいないと思いたいですが、いるようですよ)

 

わたしは「なりたい自分になる」という言葉を使っていますが

「なりたい自分って何だよ」と思う人はきっと多いはずです。

そう、それを見つけるためにコーチングがあるんです。

そして、そうなるためにも、コーチングを使います。

 

「最強の技を身につける」とか「どんどん仕事が舞い込む」とか「最高のパフォーマンスをあなたに」とか

そういう言葉を示して差しあげた方が親切なのかもなあ、とは分かっているのですけれど

きっと、わたしのコーチングを受けようと思ってくださる方は、そういうの嫌だと思うんですよね。どうですかね。

 

でね、ですね。「どうなりたいの?」ということを、もし自分で自分に質問するならば

「この週末はどう過ごすのが理想?」

「1か月後の体重は何kgになっていたらいいかな?」

「1年後、どんな仕事をしていたい?」

「5年後、収入はどれくらいになっていたらいいかしら」

「10年後までには、家を買いたいな。それはどこに?どんな?」

なんて、ちょっと焦点を絞ってみたらいいですね。

 

春が来そう。よい週末を。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA