きらい


人間なので、相性というものはありまして

こいつムカつくーとか、こいつ嫌いーとか、こいつの顔を見るだけで腹が立つとか、吐き気がする、とか

ありますよね。

何もされていないのにそう思うこともあれば

なんだか相手が常につっかかってきたり、どうしても関わらなくてはいけない場合もあります。

その相手は、意識しているのかしていないのかはわかりませんけれど

なんだか、上手いこと自分(わたし)の気分を損ねるようなことを言います。

 

そういう時、ちょっと他人事になってみましょう。

可能であれば、脳内関西人を召喚するのです。

 

「いや、あの人怒ってはるわ。どないしはったんやろ」

「あんなに大きな声出さんでも聞こえるのに。耳とおいんやろか」

「いやー、困りましたなあ」

「どないなるんでしょうなあ」

「今日耳にちよー(日曜:聞きませーん、の意味)」

 

なんてね。

こういうの、妙に関西弁がハマるように思います。

関西上級者(というか関西出身者?)ならば、京都人を召喚するともっといいと思います。

ちょっとイケズを混ぜてやるのです。

 

そんなこんなでやり過ごしてみたら、どうですか?

 

あとですね。ちょっとこういう考え方はいかがですか?と提案したいのが

冒頭に書いたような「この人の顔を見るだけで嫌」「ばったり会ったら嫌」「思い出すだけでも嫌」「嫌なのに思い出しちゃう」なんて時、

これはもう、そいつのことを考えてやっているあなた、不快になってあげているあなたが

もったいない、と考えてみること。いかがでしょう。

 

確かにそうかもしれん、と思われたなら、

そう感じないようにしましょう。ここはおまかせください。

 

わたしも昔ありまして、たぶん今まで生きてきた中で1-2位くらいで嫌いな人物です。実害も受けています(今となってはまあ良かったんですけど、感謝はしていない)。

顔を思い出すのも嫌だし、そいつが住んでいる地名をニュースで見かけることすら嫌でした。

当時はたまに会ってしまうこともあったかな?声を聞くのも、もちろん喋るのもいや!

そういう状態が不便だなあと思っていて、ちょうどコーチのトレーニング中だったので、ここぞとばかりにいろんな方法を仲間に試してもらいました。

そうするとですね、

たまに会う(すれ違うくらい)ことがあっても、向こうがオロオロしているのをみて「ぷぷぷっ」とおもしろくなったり。

ちーっす、くらいの挨拶はなんとも思わずにできました。それ以上関わりもなかったので、そのさきは試していませんけれど。

もちろん、地名を聞いても平気です。

そして、全く関わりがなくなった頃

その嫌なやつの名前を一瞬忘れちゃってたんですよね。

よくあるでしょ?「小学校3年生の時の担任の先生、名前なんだっけ?」ってやつ。

それと同じくらい、「関係なくなった引き出し」のようなところに入っていました。

ついでに、同じ名前の別人(前職であまり関わりのない上の方の人)の名前も一瞬忘れてしまっていました。そいつの名前自体が、わたしに関係なくなったんですね。弊害があるとしたら、これくらいです。

無意識ってうまく使うといい働きをするなあ、と思いました。

 

ご興味あれば、おためしくださいね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA