好きすぎる、嫌すぎる

なにごとも「すぎる」と不便、と申しますように

好きすぎても、嫌すぎても、快い状態からほど遠くなったり、いたします。

(なんで落語風かはさておき)

 

たとえば

ついつい飲みすぎてしまうビール(好き)

やらなきゃいけないのに手をつけられない確定申告(嫌)

亡くなったねこのこと(好き)

生理的に絶対合わないあいつ(嫌)

振られちゃったけど忘れられないあの人(好き)

なんてね。

 

好きすぎて、嫌すぎて、

健康を損なったり、業務に支障が出たり、悲しくなりすぎたり、腹が立ったり、次に進めなかったり、

そんなこと、ありますよね。

(不都合がなければ、そのままでいいんです。溺愛/憎悪してください)

(ああでも、憎悪は身体に悪いと思うので、対処しましょう)

 

出会いや経験が、あなたにとってとても大切なものであればあるほど

手放すことが怖くなります。手放すことに嫌悪感を感じることもあるでしょう。

たとえば

大切なねこを失った悲しみが薄れることが、罪悪感になることもあるかもしれません。

 

もちろん、その悲しみに存分に浸ることも大切でしょう。

いつか、癒える時を待つ。それも選択です。

 

でもたまに、自然には癒えない悲しみを持つ方もおられます。

(それは、ビール好き、事務処理いや、あいつ嫌い、まだ好き、も一緒です)

「どうにかしたい」とご本人がおっしゃるのであれば

コーチとしては、ねこのことを大切に思う気持ちはそのままに、悲しみだけ薄めましょうか?と提案します。

 

これは、ビール好き、事務処理いや、あいつ嫌い、あの人好き、も一緒です。

ビールなら、美味しく1杯で満足できるように、

事務処理は、好きにならなくても、淡々と処理できるように、

あいつのことも、なんとも思わなくなるくらいに、

あの人のことは、楽しかった思い出だけを大切に、

そういう、都合のいいことができますよ。

 

だって、

大好きなビールで健康を損ねたり、好きじゃない物事で思い悩んだり、

好きな人のせいで進めなかったりするのって、もったいないですからね。

 

「すぎる」で生じる不都合は、薄めましょう。

ピンポイントで「これ!」というものがある方は、おためしコーチングで対応できます。お問い合わせください。

http://coachmiki.info/coaching/foryou/overview/

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA