やりたいのに続かない

すみません。遅くなっちゃいました。そしてWi-Fiが遅くてー!

というわけで、さくっと書きます。

 

やりたいことなのに続かない、という話をよく聞きます。

どうしたらいいかを書いてみます。

 

まず、やってみないと続きません。

すぐにできることからでいいので、すぐに始めること。そして、2歩めの足も出すこと。

 

まあたとえば、英語の勉強をしたい、と思ったとします。

スクールへ行くのか、NHKのテレビなどで学ぶのか、参考書を買うのか、YouTubeとかあるのか、オンライン英会話か

何をするかを、とりあえず決めてください。

そして、ここで満足せずに、すぐにやってみる。申し込んで初回レッスンの予定を入れます。

いますぐに2歩目まで出さないと、続きません。

 

その時の注意として、効果のある方法を見つけるということ。

というのは、何かしらの変化がないと続かないからです。そして、成果に気づかないと続けられない。

もちろん、「アルファベットを書くこと」などの行為が楽しいのであれば、書き取りの練習でも続くでしょう。

(ちょっと余談。快楽は無意識にすぐインプットされて続けやすい、というのはなんとなくお分かりでしょうか。
毎日アイスクリームを食べちゃう、とか、お腹いっぱい食べる、とか、だらだらしちゃう、とかね)

でも、大体の方は「書くこと」自体に楽しみは見出せないですよね?(だから修行として写経とかするんでしょうね)

 

英語の文章を読めるようになった、発音がきれいになった、文法がわかるようになった

そういう変化がうれしいはず。

なので、これらがすぐに現れる方法(効率のいい方法、とあえて書いておきます)を探しましょう。(そして、やってみましょう)

 

一番大事なことは、本当にやりたいのかを考えてみること。

ポイントとしては

その行為(今回は英語を学ぶこと)は、あなたに何をもたらしますか?

それができたら、どんなあなたになりますか?そうなると、どんないいことがありますか?

と自分に聞いてみること。

これは「わくわく」と言い換えることができるでしょう。

結果にわくわくしないことは続きません。

ここでのポイントは、「いいこと」です。

 

たとえば、今のわたしが英語ペラペラになったとしても、特段「いいこと」はありません。

英語を使ってやりたいことが特にないからです。

外国人の彼氏(彼女)ともっと話したい!とか

英語をマスターしたらコーチングフィーが上がる!とか、そういうことがないですから。

そういう人は、「英語を学ぶこと」が本当にやりたいことにはなりにくいです。

「できないよりは、できた方がいいなあ」程度ではきっとやらないし、やらないと続きませんよね。

具体的に、英語でのコーチングのオファーが立て続けにやってきて、泣く泣くお断りした、とかだったら

ちょっと状況は変わるかな、どうかな(いや、でもわたしが英語をマスターするより、英語話者コーチがやった方がいいと思うな)。

 

ここでもひとつ注意点が。

例に挙げた後者の「お給料が上がる」が、あなたの人生で大切なことではないのであれば

これもなかなか「わくわく」になりづらいですね。

結構たくさんの会社が、ここで困っているかもしれません。

高額なお給料より「今のまま」を好む人が増えている、という話もよく聞きます。

 

じゃあどうしたらいいんだ、と思われたでしょう。

そこはコーチにご相談ください。

ご自身が望むならば、

たとえば、「英語」や「お金」をあなたの人生の大切なことに組み込む、なんてことができます。

何か邪魔をしている思い込みがあるならば(例えば「どうせわたしは続かない」「英語話者コーチがやった方がいい」とか)それを取っ払います。

わたしはさっさと変化して気分良く進んでいただきたいコーチ、なので

「本当に英語をしなければならないのか」を十分に確認した上で、このような方法がパッと思い浮かびますが

もうちょっとじっくり進むやり方もありますね。

これは個別のご相談でご説明したいと思います。

 

おためしコーチング、どうぞ!

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA