コーチはバカでもいいんです

勉強なんて役に立たない

親は大切にするべきだ

大学なんて行く意味がない

女の子はおとなしくしておきなさい

お兄ちゃんはしっかりしなさい

 

まあこんな感じで、他人は色々言うてきます。

いつも思うんですけど、こういうことを言う人は

 

勉強を役立たせることができていない人

親を大切にしたらいいことがあった人

大学に行ったけどいいことを見つけられなかった人

おとなしい女の子が好きな人

お兄ちゃんがしっかりしてくれる方が助かる人

 

なのだと思います。それでメリットがある人。

 

これがあなたにとって正解かどうかは、わかりません。

また、その人が責任をとってくれるわけでもありません。

 

できるだけ常識や思い込みを外すこと、これはコーチの役割です。

その方の「なりたい姿」に近づく方法を考える上で

常識や思い込みを外せるのであれば、どんな質問でもします。また効果的なワークもあります。

ちょっと大袈裟なことをお聞きして、

あーなんて馬鹿馬鹿しい悩みだったんだろう、なんて思ってもらえるのなら

別にコーチがバカでもなんでもいいんです。と思っています。そこにプライドはいらない。

 

 

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

昨日のものとは違う水無月。おいしいもんですね。食べる直前にちょっと冷やすのもおすすめ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA