植物からいただいた色で染める

先週末は、成城にあるアトリエシムラ「しむらのはなれ」の2周年パーティに伺いました。

アトリエシムラは、わたしの言葉で言いますと

志村ふくみさん・洋子さんの

染織だけにとどまらない思想や芸術を実践して

それを世に広める集団?チーム?人びと、でしょうか。です。(会社になっています)

 

わたしは、その染織ワークショップに季節ごとくらいに参加しています。

志村ふくみさんのお弟子さんたちが教えてくださいますが

いつもおっしゃるのが

「植物からいただいた色で染める」ということ。

植物が持つ色を、どう引き出して糸に染めるか。

シムラでは

染液を作るための植物の分量ですとか、煮出す時間ですとか、

染める回数ですとか、媒染の種類ですとかが、決まっていないそうです。

色見本もありません。

その時々の植物と、鉱物(媒染)と、空気と、自分で変わるのです。

そして恐らく、

その植物がなりたい色になるようにするのが、わたしたちの役割なのかなと思います。

 

それが、コーチングに似ているなあと思って、ご挨拶でそんなお話しをしました。

 

コーチングを受ける方から、可能性を引き出して、それが最大限輝くようにお手伝いする。

うん。きっと同じ。

 

次回は織について書いてみようと思います。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, アトリエシムラ, しむらのはなれ

枇杷の葉で染めた糸と、織った裂。

植物で、こんなに透明感のある色が出るのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA