解説編

稀勢の里関の引退を受けて書いた昨日のブログを読んでくださった方から

ちょっと解説しなさいよ、というご要望をいただいたので

解説してみようと思います。

 

もしわたしが、けがをした後の横綱のコーチだったとしたら

・鋭敏な感覚を持つように

・行動に柔軟性を持つように

・できたこと、できることに注目する

・言葉にする、対話する、気づく

こんなテーマでコーチングするかなあ、という話でした。

 

ただ、

けがを治して、皆が期待するような(いわゆる復活的な)横綱になりたいと思っていたとしたら

という前提をつけさせてください。

 

これは、よくこのブログでも書いている通り

「自分がどうなりたいか」を、まずはっきりさせる、ということです。

行き先を決める、と言えます。

 

行き先をはっきりさせた上で、

今の状況を細かく認識します。

そして、どんな方法があるか、たくさんたくさん考えます。

その道中に

上にあげた4つのテーマを念頭に置いてもらって、

場合によっては「当たり前のこと」と自然に思えるように、

対話と無意識の使い方でコーチングしていくのです。

答えを出すのは、横綱ご本人ね。わたし(コーチ)じゃありません。

 

続きは、またあした。

 

あ。

これは、わたしが横綱のコーチじゃないから書ける話であって

本来コーチは絶対の守秘義務をおいます。同意書で確認しますよ。

 


おいしいおやつの写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 稀勢の里, 解説,

ドライみかん、と思っていたらドライオレンジでした。

少なくなったので頼もうと思って

ドライみかんにしちゃった。それもまたたのしみ。

いつもアメ横の小島屋さんのネット通販で買います。

器は、近藤亮介さん(こんちゃん)のもの。

土土していてかっこいい。高台のところが、これまたいいのですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA