まん中へんをあげる

コーチングを始める方に、よくやってもらうことがあります。

現状を知る、という一環で
人生におけるいくつかの項目(家族、仕事、健康、お金、たのしみ、学び、などなど)に対して
ご自分の基準で、満足度を10点満点で答えていただきます。

 

どれも平均して低い方、でこぼこがある方、ひとつだけ低い方、色々おられます。

その状況を見て、何に気づきましたか?というところから

コーチングが始まることも、多いです。

 

でこぼこの場合、真ん中くらいのレベルのものを上げるコーチングをすると

全体的に満足感が上がってくることが多いです。

なぜ一番低いところを上げないか? 大変だからです。

初めは、「できた!やった!」を経験する方がいいです。

平均して低い場合、お好みのものを上げていくと、良いと思います。

 

いろんなお鍋に使えますよ、という蒸し器?蒸しざる?がありますでしょ?
花びらみたいに広がるやつ。

わたしは、この話をするとき、いつもこれを思い描いています。

 


写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

5種類届いたのですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA