成果を出す人材とは

昨日は本質を見極めたいなあと思いながら、こんなことを書きました。

本質をみる採用

 

採用時に(特に中途採用時に)採用側がはっきりさせておきたいことは

昨日書いた通り。

では、表面的な肩書きや資格だけではなく

応募者の本質を見極めるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

わたしは採用のお手伝いをさせていただく際、応募者のどこを見るかというと

その人に求める仕事やポジションに、自分ごとになってくれる人かどうかを見るようにしています。

 

肩書きや資格、経歴の素晴らしい人が皆、自分ごととして取り組んでくれるかというと、そうとは限りません。

仕事によっては法令上必須の資格はあるかと思いますが、それ以外は

資格持ち他人事の人 < 資格なし自分ごとの人

の方が成果が出ます。これは、コーチング的に考えたら間違いありません。

成果を出すには(変化するには)、自分ごととして考えましょう、とは耳タコのように書いている通りです。

 

では自分ごとの人をどうやって見極めるのでしょう。

ご興味がありましたら、採用面接のサポート(企業側、応募側ともに)をさせていただきますので

どうぞお問い合わせください。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA