プチいらっ

雨ですねー寒いですねー。おげんきですか?

なんとなく元気じゃなかったら、早く寝ちゃいましょう。あしたはいい天気みたいですよ!

 

なーんて、いくら自分でご機嫌になる方法を持っていて、実践していても

世の中いろんなことが起こります。

 

混雑した道で「ちっ」とか言われたり

なんとなくながめていたSNSで、いやーな広告を目にしたり

仕事相手にかちんとくる一言を言われたり

一生懸命作った書類なのに、受け付けてもらえなかったり

どうしても話が通じない人と交渉しなくてはいけなかったり

なんだかいきなりガラの悪い人に絡まれたり

 

こういう時、とても不快な気持ちになりますね。

その状況から離れても、ふと思い出してしまう「いらっ」とすること

生きていると、自分以外の人がいると、ありますよね。

 

人間の感情は、同じ種類ごとに整理されて蓄積されていく、と言われています。(ゲシュタルト構成と言います)

出来事Aで感じた怒りと、3年後の出来事Bで感じた怒りは、瓶に詰められて同じ「怒り」の棚に置かれます。

徐々に増えていく瓶が「怒り」の棚から溢れたら、どうなると思いますか?

立派なイライラおじさん(おばさん)が出来上がります。

ちょっとした出来事でキレる人になってしまいます。たまに、そういう人に出会いませんか?

 

悲しみ、罪悪感、恐れなども、同じです。もちろん、喜びや嬉しさも。

 

せっかく「なりたい自分」になろうと努力しているのに、

たまたま他人のせいで自分が「不快な人」になるのは、なんだか納得できませんね。

 

では、どうしたらいいのでしょう。

 

わたしのコーチングでは、タイムラインセラピーという手法を使って

不快な感情を薄める、ということを行います。

積み重なった不快な感情を「ぱすっ」と切り落として在庫整理し、新たな仕入れをしないようになる、と言いましょうか。

所要時間は数分くらいなので、

慣れてくると、ご自分でもできるようになると思います。実際、自分でやってみているお客様もおられます。

「いらっ」とした時に、その場で対処できるようにもなりますよ(人によります)。

 

コーチングを受けずにご自分で対処するには

まず、ここまで書いたように

感情は蓄積されていく、ということを知っていること。読んでくださった方は、もう知りましたね。

次は、

「いらっ」としたり、「悲しく」なったり、「怖く」なったり、「罪の意識」を感じたり

「事」が起こった時に、そういう「不快な(不必要な)感情」を抱く代わりに

どう感じたら、どういう行動をしたら、自分にとってベターなのかを考えてみてください。

できれば、それを覚えておいて、次にその「事」が起こった時にベターな自分でいられたらいいですね。

 

ご質問などあれば、ぜひ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA