ほめ方を考える

ほめることについて、結構書いてきたと思っていたのですけれど

軽ーく当たり障りのないほめ方のことは書いていなかったので(まあコーチングのコラムですからね)

そういうことを書いてみます。

(ほめることについての熱いコラムも結構いいので、文末のリンクからどうぞ)

 

では、昨日のシチュエーション。

とてもすてきな人に、すてきですね、以外の言葉で「すてきですね」を伝えるには。

 

まず、思ったことだけ言いましょう。思っていないことを口に出してはいけません。

相手にとっても、あなたにとってもいいことがありません。

 

次に、具体的にほめましょう。

できることならば、◯◯が、●●だから、わたしはすてきだと思った、のように。

このマフラーが、とても上質な素材であなたに似合った色だから、これを選ぶことのできるあなたはとてもすてきだと思いました。

とかね。

 

もし、相手のことをよく知っているならば、相手がほめてもらいたいポイントをほめます。

ダイエットをしている人ならば、「痩せましたね」とか「お顔がシュッとされましたね」とか。

和装にハマった方にならば、「着慣れておられますね」とか「仕草がすてきです」とか。

ただし、本当に思ったならば、です。

 

全体的に「わたしは、すてきだと思った」「わたしは、いいと思います」のように

わたしは、をつけると、あまり大外しはしません。

あくまでも、本当に思ったならば、ですけどね。

 

このあたりを試してみていただいて、あなたの方から「あなた(お相手)すてきです!」と盛り上がっていけば

うまくいくと、お相手の気分も上がって、いい関係を築くことができると思います。

この辺のニュアンスは、コーチングや研修などでお伝えします。

 

 

貪欲にほめられましょう

 

やっぱり、ほめましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA