視点を変えると

Twitterでつぶやく方も、facebookに思いの丈をぶつける方も、あの人宛にお手紙を書く方も、お仕事で文章を書く方も、

きっと、その言葉の行く先、つまり視点をお持ちになっていると思います。

これ、意識すると難しいですよね!

でも、意識して変えてみると、新しいことに気づいたりすることもあります。

 

コーチングでも、こういうことをやったりします。

まあなんでしょう、むっちゃ腹たつ上司とかがいたりしましょうか。

わたし(コーチ)に

腹たつーーー!って話してくださっている時のあなたは、きっと、まだ「腹が立っている時のわたし(あなた)」にいます。

そうか、そうか、そうなんか。どんなことが腹たつの?えー!それはひどいねえ!

なんて一通りお話しが終わったら

ちょっと、そこから離れて眺めてみましょうか、とお誘いします。

 

まあ例えば、職場でなんとなく雑談していた時に「めっちゃ腹たった」としましょうか。

その上司、どこに座ってる?あなたは?他の人は?

会話を再現できますか?

それぞれの位置に移動しながら、再現VTRにしてわたしに見せてくださいな。

身振り手振りも交えてね、その時の上司はどんな顔だった?

なんて思い出してもらいながら、一通り演じてもらいます。

そして、また時間を巻き戻して、次は副音声のように登場人物の気持ちを感じてみます。

わたしが、こう言ったら

上司が、こう返したんです。

あ、上司、わたしを怒らせるためではなく、本当はこんなことを考えていたのかも。

 

なんて気づいたとしたら、やっぱりめっちゃ腹たつ?

 

みたいなことをすることもありますが、

ちょっとつかれるので、一瞬で解決する方法を使うことが多いのですが

なんとなく、この話がしっくりくる方もおられそうなので書いてみました。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

うれしいうれしいいただきもの。おいしいんですよね!ここ。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA