ごめんねよりも、ありがとう

罪悪感は手放したほうがいい感情です、とか、いいところだけみましょう、とは

ここでもよく書きますし、コーチングの場でも常に言っていることです。

罪悪感は憂鬱な気分になり病気の要因にすらなる、とも言われています。

罪悪感も、悪いところをみる(悪いように解釈する)ことも

楽しくやろうという行動を止める作用になり、

それはつまり、幸せになることへのブレーキにつながります。

 

そんな根っこを少しご理解いただいてから

日常に戻りましょう。

誰かに何かをしてもらった時、「ありがとう」って言えていますか?

口癖のように「ごめんね」と言っちゃう人はいませんか?

また日本語には便利な言葉があって「すみません」。これ、言っちゃっている人多いのでは。

 

これは、罪悪感を薄くする(これはわたしのコーチングでやります)と「ありがとう」と言えるようになることが多いですが

コーチングを受けていない方は、逆からのアプローチで

「ごめんね」と言っているならば、「ありがとう」に変えてみましょう。

だんだん罪悪感が薄くなって、楽しいことができるようになって、幸せにつながるかもしれませんよ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA